「自分がいないと仕事が回らない」は妄想【大統領が死んでもアメリカは健在です】

スポンサーリンク
仕事の悩み
スポンサーリンク

仕事がしんどい…もういっそのこと辞めてしまいたいけど、実際問題辞めることなんて到底できない。なぜなら自分がいないと仕事が回らないから。自分が辞めたら周囲に迷惑がかかるし、それは避けたい。だけど仕事がきつすぎる。どうすればいいんだろう。

こういった疑問・悩みに答えます。

  • 「自分がいないと仕事が回らない」は妄想であると言える理由
  • 辞めたら迷惑がかかる…と考える人のための対処法

この記事を書いている僕は、以前仕事を辞めたいと上司に伝えたところ「辞められたら迷惑だ」と言われ、ずるずると半年ほど続けていました。今ではすぐ辞めなかったことを後悔しています。

結論としては、「自分がいないと仕事が回らない」→そんなわけないです

※この記事は3分ほどで読み終わります。3分後には、「自分がいないと仕事が回らない」は嘘であるということを理解できているはずです。

スポンサーリンク

「自分がいないと仕事が回らない」は妄想です【単純明快な理由】

断言します。

一人抜けたくらいで回らなくなる組織などそもそも存在しません。世の中のほとんどの人が、他人でもできる仕事をしているのです。

第35代アメリカ合衆国大統領ケネディは、テキサス州を遊説中に暗殺されました。しかし、そのことでアメリカホワイトハウスの仕事が回らなくなったでしょうか?その時点で回らなくなっていたならば、今頃アメリカは存在しないですよね。

ですがケネディが亡くなったあとは、ジョンソンという人が大統領に就任。そしてアメリカのホワイトハウスは崩壊することなく、今に至ります。

変な言い方になってしまいますが、アメリカ大統領でさえ、いなくなっても困らないのです。

あなたは、アメリカ大統領以上に重大な仕事をしていますか?

それは本当にあなたしかできない役割ですか?

「自分がいないと仕事が回らない」というのは、なんとなくそんな気がしているだけなのです。

ではなぜそういう風に思ってしまうのでしょうか?

半分「洗脳」です

ちょっと強い言葉を使ってしまいましたが、実際「刷り込み」のようになっていることは多いです。

前提として「自分がいないと仕事が回らない」と思ってしまうような組織は「人手不足」です。人員が足りないから、それぞれがかなりのボリュームのタスクを抱えてしまい、余裕がない状況になってしまうのです。

ただ、あなたの上司やチームを管理している人、同僚、部下が何気なく「あなたがいないと困る」というメッセージを発している可能性は非常に高いです。直接「辞められたら困る」と言ってくることもあるでしょう。

そこであなたは半ば思考停止気味に「自分がいないと回らない」と思ってしまっている可能性があります。

特に「責任感がある人」や「優しい人」は、そういった状況で、「自分がいないと」と思ってしまいがちです。

ストレスゼロの楽な働き方ができるただ一つの方法「超・情報戦略」とは?

「自分がいないと仕事が回らない」と考えてしまうのは、あなたが仕事ができる証拠です

実際あなた仕事ができる人なんだと思います。

仕事ができない人が辞めたところで困りませんし、場合によってはうまく回るようになることだってあるかもしれませんよね、、、

「自分がいないと仕事が回らない」と考えてしまうのは、あなたが仕事ができる人であり、責任感が強い人である証拠です。

実際のところ、別の職場に転職しても問題なく業務を遂行することができるでしょうし、他の職場であればもっと待遇がいいと思います。少なくともあなたに業務を丸投げしたりしない職場には転職できるでしょう。

「辞めたら周りに迷惑がかかる」確かにそうです

人手不足の状況で、自分だけ辞めたら迷惑がかかると考えている方もいるはずです。責任感が強い人のはずですから。できれば周りに迷惑をかけずに辞められたらベストです。

ただ「辞めたら周りに迷惑がかかる」これは確かにそうです。

そしてそういう環境の職場は「いつ辞めても必ず迷惑がかかります」

「職場が改善し、人手不足も解消し、円満に退職できる」はまずあり得ません。

そういう環境の職場は、

・人を増やすことを考えていない
・人を増やすお金がない
・人を増やそうとしても魅力がないから誰もこない

上記のどれかです。この感じの職場が改善するとは考えにくいですよね。

急に魅力的な会社になることはないですし、売り上げが急増することも、、絶対ないとは言い切れませんが、可能性は低いです。

あなたの職場は、いつ辞めても誰かが負担を背負うような構造になっているんですね。

関連記事:【情は捨てる】人手不足だから仕事辞められない→気にせず辞めるべき【理由】

しっかりと引き継ぎすれば問題ないです

あなたが今の会社を辞めたいと考えた時、しっかりと引き継ぎさえすれば問題ありません。

・次にあなたのポジションになる人にしっかり教える
・今そのポジションになる人がいないなら、資料を作って誰でもわかるようにする

などです。

また仕事を退職したいという旨は、2ヶ月前までに伝えるようにしてください。

だいたい2ヶ月あれば、人事担当者でも次の採用を決めることができます。求人を出して面接をして、採用が決まるまでおよそそれくらいです。

※求人を出すのもお金がかかるので、もし2ヶ月経っても後任が決まらない職場は、よほど魅力がないという感じですね。

それであなたの退職を引き止めるような会社は、かなりヤバいので、早いところ脱出した方が賢明ですね。

試しに一度休んでみるのもアリ

「自分がいないと仕事が回らない」というのが真実かどうか、一度会社を休んでみると確認できます。

これまでおそらく「会社に迷惑にならないタイミング」で有給などを取っていたのではないかと思います。繁忙期以外とかですね、、

そういう配慮なしに、一度突然休んでみるのもアリです。

メリットは2つあります。

・自分がいなくても、案外大丈夫ということがわかる
・もしあなたがいなくてチームが大変な思いをしたならば、上司が危機感を持つようになる

特に2つ目は重要ですね。往往にして人手不足の組織は、まあ大丈夫でしょうという感じで、危機感がないことが多いです。

そういった人たちに「あなたがいなくなったらマジでヤバいかもよ」と理解してもらうことができるので、周囲の人のためにもなります。

まとめ

この記事のまとめです。

・「自分がいないと仕事が回らない」は気のせい
・周囲からの期待で「自分がいないと仕事が回らない」と思っているにすぎない
・責任感があり仕事ができる人のはずなので、他の職場に行っても通用する
・待遇がよくなる可能性もある
・人手不足の会社はどのタイミングで辞めても少なからず迷惑がかかる
・人手不足の会社は、解消する気がない(財力がない)

必要以上に責任感を感じている人は、あまり思いつめないようにしましょう。

ストレスゼロの楽な働き方ができるただ一つの方法「超・情報戦略」とは?

仕事の悩み
スポンサーリンク
スポンサーリンク
UNGIFTEDをフォローする
スポンサーリンク
転職ギフト

コメント