【断言】仕事が早い人は圧倒的に損ですよ【都合よく使われるだけ】

スポンサーリンク
仕事の悩み
スポンサーリンク

仕事をテキパキとやってるけど、絶対に損してる。別に早くやっても給料が上がるわけじゃないし、できない人が楽しててムカつく。雑談しながらダラダラやって残業代とか稼いでるし。ついアレコレやってしまう性格が原因なのはわかるけど、手を抜きながらやるのは嫌だ。別に出世とかそういうのが欲しいんじゃなくて、正当に評価してもらいたい!

こういった悩みに答えます。

☑️本記事の内容

  • 仕事が早い人が完全に損である明確な理由
  • 世間でよく言われるアドバイスは無駄である
  • では仕事が早いあなたが報われるにはどうすれば良いのか

 

仕事が早いというのは、圧倒的に損です。

 

仕事は、コツコツ頑張る人のもとへ回ってくるものです。何もわからない人は「断ればいいじゃん」とか気軽に言ってくるかもしれませんが、断れたら苦労しないですよね。

 

そして正当に評価されない環境で働き続ける限り、あなたは永遠に損をさせられ続けます。要は利用され続けるわけです。

 

この記事では、仕事が早い人が損をする理由と、じゃあどうすれば良いのか?というところまでお話しします。

 

※3分ほどで読み終わります。

スポンサーリンク

結論、仕事が早い人ほど報われない

 

仕事が早ければ早いほど、馬鹿を見ます。ちょっと言葉が強いですが、要は「真面目な人間ほど損」ということです。

 

仕事を早く終わらせたところで金銭的なメリットはない

 

まずはお金の話から。

 

日本の企業で働く多くの人は、「時給労働」に近い感覚で仕事をしています。働いた時間の分、対価をもらうという感じですね。バイトと同じで、テキパキ仕事ができる人も、ダラダラ仕事をサボる人も、収入は同じになります。

 

手を抜いてサボりながら働く、要領の良い人ほど、楽にお金が稼げるわけです。あまりにも理不尽ですね。

 

そして仕事を早く終えたところで「早く帰宅する」ことはできませんよね。残りの勤務時間だけ、別の仕事を押し付けられるだけです。

 

仕事が早いことで、得をすることはありません。それどころか、仕事が遅くて残業している人ほど、残業代が稼げてしまうわけですね。

「仕事量の配分・分担がおかしい」原因と対処法を徹底解説【パワハラの可能性も】
「自分に割り振られる仕事量がおかしい!」「あまりに不公平!」と感じている方に向けて、この記事では「不当に仕事が割り振られる原因」と「対処法」について解説します。

頼む側も、早くてミスの少ない人に頼みたい

 

仕事が早い人は、どんどん仕事を任されるようになります。

 

頼む側も、できれば早くてミスの少ない人に頼みたいからです。適当に手抜き仕事をやってミスをするような人には仕事が回ってきません。

 

その結果あなたが、責任の大きい仕事を大量に任されることになるということですね。

 

そして仕事が早い人は、真面目で決して手を抜かない人が多いので、結局「いい仕事」をするわけです。

 

で、それを見た上司は、またあなたに仕事を頼んでくる、という悪循環なのか好循環なのかよくわからないループが生まれるんです。

 

仕事の早さは数値化できない=正しく評価されない

 

「仕事ができる人」が評価が上がり、「仕事ができない人・サボる人」は評価が下がる。これが本来組織のあるべき姿のはず。ですが、現実はそうではありません。

 

仕事の早さは数値化できないからです。数値、データとして記録されることもありません。

 

例えば「営業成績」「ノルマ達成率」は、「120%達成」のように、客観的に数字で優劣を付けることができますよね。

 

ですが、仕事の早さが客観的なデータで測られることはまずありません。

1時間かかりそうな資料作成を頑張って30分で終えた場合、もちろん30分の短縮は実現できているのですが、それがデータとして残らないわけです。

仮に、一人ひとりの仕事のスピードや成果をその都度タイムカードみたいに取得すれば、あなたは正当な評価を受けられるでしょう。しかし現実にそういう仕組みはありません。

 

結果として仕事が早い人は、なんとなく周囲から「仕事が早いね〜」という評価を受けるだけです。一生懸命に早く仕事をして、たったそれだけ。頑張った分だけのリターンが得られることもない。

 

まったく割に合わないですよね。

よくあるアドバイスは無駄【スルーしましょう】

 

仕事が早い人は損だ!というと、以下のような意味不明アドバイスをされることがあります。

 

  • きっぱり断ればいいじゃん
  • 手を抜いてだらだらやれば?

 

こういう意見は聞くだけ無駄なのでスルーしましょう。

 

きっぱり断れたら苦労しない

 

無理なものは無理!と、言えたらそりゃ苦労しないですよね。ただそれができるのはテレビドラマの中くらいなもの。

 

職場というのはあくまで集団で仕事を行うわけですから、「断る」というのもそう簡単ではないです。

 

「できません。自分でやってください」と面と向かって言うのはかなり角が立ちます。人間関係は確実に悪化していくでしょう。

 

あとから陰で「あの人は協調性がない」なんて言われ始めるかもしれません。真面目にテキパキ働いて損して、そのうえ悪者にされるなんて・・・馬鹿らしいにもほどがありますよね。

 

現実的に考えて、きっぱりと断るというのは非常に難しいでしょう。

 

手を抜きながらやるのは嫌

 

「手を抜いて、ダラダラしてる人と同じスピードでやればいいじゃん」という意見も役に立ちません。

 

僕は転職系専門のライターで、様々な人にインタビューを行ってきたのですが、そもそも仕事が早い人というのは、手を抜くことを嫌う人が多いです。

 

誠実で、何事にも真剣に取り組む人がほとんどなんですね。

 

もし仮にサボりながら仕事をしてみても、全然スッキリしないと思います。そわそわしてしまうでしょうし、「顧客・クライアントに迷惑をかけるのが嫌」という人もいるでしょう。

 

なので手を抜いてサボるという選択肢も、あまり現実的ではないわけです。

 

ですがこのままだと、「早く仕事をするだけ損」であることに変わりはないですよね。

 

仕事が早い人は、損をし続けるしかないのでしょうか?

 

一生都合よく使われ続けるだけなのでしょうか?

 

仕事が早い人が報われるための方法

 

仕事が早い人が損をしないためには、以下の方法を検討してみてください。

 

できるだけ周りに意識を向けない

 

仕事をするうえで、できるだけ周りに意識を向けないようにしてみましょう。サボっている人が視界に入らないくらいに、目の前の仕事に没頭するのです。

 

「損をしている」という感覚は、他人との比較から生まれる感情です。「自分はめっちゃ早く終わらせてるのに・・・あの人はペチャクチャ雑談ばっかりやってる・・・腹立つ」という感じですね。

 

極力他人を視界に入れなければ、損をしているという感情は減っていきます。まずは他人と自分を比べることをやめてみてください。

 

空気を読みすぎない

 

組織の中で働くうえで、チームワークは大切です。ですが、だからといって空気を読みすぎないようにしてください。

 

空気を読みすぎて、アレコレ気を回してしまうと、知らない間にストレスが溜まり続けます。

 

頼まれた仕事に文句も言わず愛想よく引き受けるたびに、自分自身にダメージを与えてしまうのです。

 

周りより頑張って仕事を早くこなして、それなのにストレスで体調を崩してしまったら・・・それこそ馬鹿らしいですよね。

 

【根本的な解決】きちんと評価してくれる環境に身を置く!

 

問題を一気に解決したいのであれば、自分の仕事をきちんと評価してくれる職場で働くことがベストです。

 

正当に評価してくれる環境に身を置きましょう。

 

ビジネスにおける評価は、非常に曖昧です。環境によって大きく左右されます。

 

たいした仕事はしてないのに、コミュ力が高いだけの人が「あの人は愛想が良い」と言われる職場。

 

コツコツと誠実に働いている人を、きちんとお金や立場などで評価してくれる、頑張る人が報われる職場。

 

あなたはどちらで働きたいですか?

 

一生、都合よく使われ続ける職場で働くなんて、馬鹿らしくないですか?

 

ひと昔前であれば、職場を選ぶのは一般的なことではありませんでした。日本には終身雇用という文化があり、転職をする人は時に裏切り者と言われていたようです。

 

ですが時代は変わりました。実は8年ほど前の時点で、労働者のおよそ2人に1人は転職経験者だったそうです。その後さらに転職市場は活発になっているので、今ではもっともっと多いはずですね。

 

転職なんて・・・という考え方は、確実に時代遅れになってきています。

 

これだけ多くの人が転職活動を経て、自らの手で、働く環境を選んでいるのです。

2020年4月:コロナウイルス最新情報

コロナウイルスの世界的な感染拡大に伴い、今後の転職市場は冷え込むと予測されています。そのため、一般的にはこれからの転職活動は控えた方が良いでしょう。

 

しかしこれは、今の職場に満足している場合に限ります。

 

今の仕事内容に不満がある方は、なるべく早く転職の用意だけでもしておくべきです。

 

なぜなら、コロナの影響により、転職活動は先延ばしにすればするほど、難しくなっていくからです。

 

コロナウイルスの影響は、これから先、ますます広がっていくと予想されており、なおかつ終息の見通しは立っていません。ハーバード大学の研究では、コロナウイルスの影響が完全になくなるのは2022年頃になると発表されてます。(実際に、1900年代初頭に流行したスペイン風邪は、終息までに3年を要しました。)

 

このことから、コロナウイルスが経済に与える影響も日に日に大きくなっていき、これから数年間の景気は後退していくだろうと想定されます。

 

景気が後退すれば、

  1. 企業は採用活動を控えるようになる
  2. 会社の倒産が相次ぎ、転職市場に求職者(ライバル)が増える

という状況になり、有効求人倍率は大幅に下落します。実際に、有効求人倍率は2020年4月の時点で、もうすでに下がり始めているのです。

 

これはリーマンショック時の経済の動きとよく似ています。(リーマンショック当時は、有効求人倍率の回復まで4年もの歳月がかかりました。)

 

まとめると、早いうちに転職活動に向けて動き出さないと、最低でもあと2~3年は、いまの職場でいまの仕事を続けることになる可能性が高くなるのです。

したがって、もし仮に「あと何年も今の職場で働くなんて、到底考えられない」という方は、なるべく早く行動に移すべきでしょう。

自分に合った仕事・職場をいち早く探すなら、転職エージェントを利用すべき

とはいえ、転職活動をしようにもどうすればよいか分からないという方も多いでしょう。

そこで強くおすすめするのが、転職エージェントの利用です。

転職エージェントとは、転職のプロであるキャリアアドバイザーと二人三脚で、仕事を探すことができるサービスです。

転職エージェントを使えば、スムーズに転職が決まる【理由3つ】

転職エージェントを利用すれば、ある程度職歴に不安があっても、スムーズに転職活動を進めることができます。

理由は以下の3点です。

  1. 転職のプロからのアドバイスを受けられる
  2. 一般的な求人サイトでは見つからない求人情報を得られる
  3. 選考のサポートも受けられる

それぞれを詳しく解説します。

転職のプロからのアドバイスを受けられる

転職エージェントでは、まずキャリアアドバイザーとの面談を行います。

そこでは、数多くの転職をサポートしてきたいわば転職のプロが、あなたの悩みを聞き、それに合わせて今後の方向性を提案してくれます。

「業務において損をしている」という方は、そもそも「職場に問題があるケースなのか」といった相談をしてみることをおすすめします。

プロによる客観的な視点で、「それは職場に問題があるので、早く転職した方が良いかもしれません」「まだ判断するのは早いですよ」など、的確なアドバイスを得られるでしょう。

転職エージェントを使わないと、自分ひとり考えで判断しなければなりません。客観的に物事を捉えられず、間違った判断を下してしまう恐れがあります。

一般的な求人サイトでは見つからない求人情報を得られる

あなたの希望に合わせて、最適な求人を提案してくれます。

転職エージェントは企業と直接やり取りをしているので、「実際のところ働きやすさはどうなのか」といったところまで知ることができます。

転職サイトを使わないと、求人探しの段階でかなりの時間を浪費します。膨大な情報を一つずつチェックしていかなければなりません。

選考のサポートも受けられる

転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書の書き方から、面接の対策までをトータルでサポートしてくれます。

特に「職歴が浅く、書類選考すら通るか不安」という方でも、プロ目線の添削を受けることで、選考通過率を高めることができるでしょう。

【自分に合った仕事・職場を見つけたい方必見】おすすめの転職エージェント3選

「どの転職エージェントに登録すればよいか分からない」という方向けに、おすすめのサービスをいかにまとめました。

転職エージェント おすすめの人
【リクルートエージェント】 大手のサービスを使いたい方
マイナビジョブ20’s 20代・初めて転職する方
就職・転職ならDYM就職 職歴に不安がある方・フリーター

リクルートエージェント | 迷ったらこのエージェント!業界最大手&求人数はトップレベル

【リクルートエージェント】は、求人数・内定獲得数No1を誇る、国内最大級の転職エージェントです。

一般公開している求人だけでなく、20万件以上もの非公開求人を取り揃えている点が魅力です。

非公開求人とは:「好条件のため応募が殺到しすぎる」「企業の都合上一般公開できない」ため、普通の求人サイトでは掲載されていない求人です。一人で転職活動をする場合は、絶対に出会えない内容の求人であると言えるでしょう。

大手サービスであるため、求人数にも圧倒的な強みがあり、転職をサポートしてきた実績も豊富なため、「どのサービスを利用すればよいか悩む」という方は、まずこの【リクルートエージェント】に登録しておきましょう。

【コロナウイルスの感染が心配な方でも安心】

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、【リクルートエージェント】では現在、転職相談をすべて電話で対応しています。したがって、自宅にいながら、転職活動を行うことが可能です。※2020年4月時点の最新情報

マイナビジョブ20’s | 20代は登録必須!若手に特化した充実サポート

マイナビジョブ20’sは、20代のキャリアチェンジに特化した転職エージェントです。

適性診断から面接のノウハウまで徹底したサポートを受けられるため、スムーズに転職活動を進めていくことができます。

「まだ転職するかどうか決めていない」という方でも、適性診断やキャリアカウンセリングを通して、将来の方向性を考える材料にすることも可能です。

特にまだ転職経験のほとんどない20代の方は、ぜひ登録しておきたいサービスと言えるでしょう。

【コロナウイルスの感染が心配な方でも安心】

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、マイナビジョブ20’sでは現在、転職相談をすべてWEB上での相談(音声のみ)で対応しています。したがって、自宅にいながら、転職活動を行うことが可能です。 ※2020年4月時点の最新情報

DYM就職 | 就職成功率驚異の96%!フリーター・既卒もOK

最短1週間で入社可能!DYM就職は、経歴や学歴に不安がある方へのサポートに定評がある転職エージェントです。

第二新卒・既卒、フリーター向けの求人を保有しており、それらがすべて正社員求人というのも大きな魅力です。

経験豊富なアドバイザーがあなたの希望をヒアリングし、ぴったりの求人を紹介してくれます。

転職成功率96%の実績を誇る転職エージェントであり、特に職歴に不安を抱えている方は、登録必須といえるでしょう。

さいごに

 

仕事が早い人は、損をします。ですがそれはあくまでも、「仕事が早い人を評価しない職場」だからです。

 

これは、学校と似ているかもしれません。「ガリ勉」と言われるような人でも、進学校に行けば「秀才」と評価されるのと同じです。

 

すべては、あなたの身の回りの人と環境次第。もし毎日の仕事でストレスが蓄積されているのであれば、転職を検討してみることをおすすめします。

人気記事【10の方法】新しい仕事に慣れるまでのきつい期間の乗り越え方

人気記事【コロナの影響も】いずれ潰れる会社の特徴まとめ【雰囲気・社員・社長の共通点】

最新記事「仕事量の配分・分担がおかしい」原因と対処法を徹底解説【パワハラの可能性も】

仕事の悩み
スポンサーリンク
スポンサーリンク
UNGIFTEDをフォローする
スポンサーリンク
転職ギフト