「仕事量の配分・分担がおかしい」原因と対処法を徹底解説【パワハラの可能性も】

スポンサーリンク
仕事の悩み
スポンサーリンク
  • 割り振られる仕事量がおかしい
  • 自分だけ周りよりタスクが多すぎて不公平
  • とうてい終わるはずのない仕事量のせいで毎日残業続き
  • 一体どうすれば負担を減らせるのだろう

こういった悩みに答えます。

 

結論からいうと、仕事量がおかしい理由を正しく見極め、適切な意思表示を行うことで、不公平な状況を変えられます。

ただし、中には上司がわざと膨大な仕事を押し付けている、いわゆる「パワハラ」のケースもあります。

この場合は、然るべき対策が別途必要です。

そこでこの記事では「仕事量がおかしくなる背景や対処法」「パワハラかどうかの見極め方」を解説していきます。

仕事量の配分・分担に不満を抱えているという方は、ぜひ参考にしてください。

すべて読めば、不公平な状況から抜け出す方法を理解できるでしょう。

スポンサーリンク

仕事量の配分・分担がおかしくなる原因

仕事量の配分・分担が不公平になる原因は主に以下の通りです。

  • 上司が部下の仕事量を把握していない
  • 優秀な人ほど仕事量の負担は大きくなる
  • 周囲の社員が手を抜いている
  • 頼み事を断れない性格をしている

それぞれ詳しく見ていきましょう。

上司が部下の仕事量を把握していない

仕事量の配分・分担がおかしくなる最大の原因は、「上司が部下の仕事量を正しく把握していないこと」にあります。

特に、

  • マネジメント能力が低い上司
  • 視野が狭く、自分のことで精一杯の上司

のもとで働いている場合、適切な割り振りがされないケースが多いようです。

また部署の人数が多すぎる場合も原因の一つです。

上司がそれぞれのタスクを管理できないため、一部の人にしわ寄せが生じてしまいます。

優秀な人ほど仕事量の負担は大きくなる

優秀な人ほど仕事量の負担は大きくなります。

テキパキと正確に仕事をこなす人は周囲からの評価が高くなり、次々と仕事を任されるようになります。

一方、能力が低い人は仕事が回されず、それほどタスクを抱えることもない、という状況になるのです。

また難度の高いタスクや責任の大きい業務も、仕事ができる人に集まりやすくなるものです。

結果として、仕事ができる人ほど負担が重くなってしまいます。

【断言】仕事が早い人は圧倒的に損ですよ【都合よく使われるだけ】
仕事をテキパキとやってるけど、絶対に損してる。別に早くやっても給料が上がるわけじゃないし、できない人が楽しててムカつく。雑談しながらダラダラやって残業代とか稼いでるし。ついアレコレやってしまう性格が原因なのはわかるけ...

周囲の社員が手を抜いている

周囲の社員が手を抜いており、そのしわ寄せがあなたに及んでいるケースです。

だらだらと手を抜いて仕事をしている人の分を、カバーしなければならなくなり、必然的にあなたのタスクが増えることになります。

真面目に取り組んでいるにも関わらず、周囲がサボっているせいであなたの負担が重くなっているのです。

そのうえ、あなたがどれだけ頑張っても、手を抜いている人より給料や評価が上がるとは限りません。

たいていの企業は評価制度が非常に曖昧だからです。

「真面目に取り組んでいるのに、サボっている人と同じ収入・評価になってしまう」という、とりわけ不公平な状況であると言えるでしょう。

頼み事を断れない性格をしている

あなたが頼み事を断れない性格をしている場合、次々と仕事を回されやすくなります。

頼み事を断れない人の特徴は以下の通りです。

  • 人当たりがよく、頼りにされやすい
  • 友人から悩みを相談されることが多い
  • 断ったら相手を傷つけてるのではないかと思ってしまう
  • 愛想が良いと言われることが多い

組織の中で働く以上、「頼まれたら断れない」というのは至極当然のことです。相手を不快にさせてしまうかも、と思うこともあるでしょう。

しかしながら、頼まれたことをすべて引き受けてしまうと、「あの人は頼みを快く引き受けてくれる」といった印象を与えてしまい、次から次へと頼み事をされやすくなます。

負の循環が生み出されてしまうため注意が必要です。

また、他人の分の仕事を引き受けてしまったがために、あなたが本来やるべき仕事にまで支障をきたす可能性があります。

もう悩まない!仕事量がおかしいと感じた場合の4つの対処法【即効性あり】

仕事量がおかしいと感じた場合は、以下の方法を試してみてください。

  • キャパオーバーであることを上司に直接相談する
  • きっぱりと断ってみる【一度断るだけでも効果あり】
  • 80%の力で仕事に取り組む
  • 周囲の助けを借りる

それぞれ詳しく解説していきます。

キャパオーバーであることを上司に直接相談する

仕事の不公平さに不満がある方は何よりもまず、キャパオーバーであることを上司に直接相談しましょう。

なぜなら、あなたが過剰にタスクを抱えていることを、上司が気づいていないだけの可能性があるからです。

仕事の量というのは必ずしもすべて目に見えるわけではありません。

したがって、「仕事量が多い」という状況は、口にしなければ伝わらないことも実は多いのです。

直接相談してみることで、あなたの抱えている仕事量を上司に正しく把握してもらうことができます。

単純に上司が気づいていなかっただけの場合、これだけで状況が格段に改善することも珍しくありません。

きっぱりと断ってみる【一度断るだけでも効果あり】

次に上司や同僚から仕事を頼まれた際は、きっぱりと断ってみましょう。

仕事を依頼する側は、あなたの抱えているタスクの量を正確に知っているわけではありません。

また、仕事を回す理由も「なんとなくあの人は断らないから」といった曖昧なものであることも多々あります。

したがって「NO」と意思表示しない限り、都合よく使われる存在とみなされ続けてしまう恐れもあるといえるでしょう。

ちなみに、たった一度断るだけでも効果があります。

これは「一度断られた人には、なんとなく頼みづらくなる」という心理が働くからです。

今後頼み事をされることも少なくなるでしょう。

80%の力で仕事に取り組む

日々全力で仕事しているがゆえに、不公平な割り振りをされている方は、80%の力で仕事に取り組むことも意識してみてください。

100%の力を発揮するほど、余計な仕事も割り振られるようになってしまい、無駄に疲弊してしまうからです。

また、周囲に手を抜いている人がいる場合、その人はあなたの仕事ぶりに甘んじている可能性があります。

あなたが仕事をやってくれるから大丈夫だろうと考えているかもしれません。

不公平な働き方をしていると感じているならば、あまり全力を出しすぎず、「少し肩の力を抜いて仕事をする」方が精神的にも楽に働けるでしょう。

周囲の助けを借りる

「仕事量がおかしい」と感じた際は、周囲の助けを借りることも大切です。

仕事をたくさん抱え込んでしまう方の中には、「人に頼るのが苦手」という性格の方も少なくありません。

もし上司からの仕事の割り振りがおかしいと思ったら、タスクを適切に見極めた上で、周囲の人に頼んでみてください。

あなたの抱えている仕事のつらさを理解してくれる人ならば、きっと快く受け入れてくれるはずです。

このようにお互い協力し合いながら、バランスよく仕事ができる関係こそが、理想のチームと言えるでしょう。

ここまでのまとめと注意点

仕事量の割り振りがおかしいと感じたときの対処法は以下の通りでした。

  • キャパオーバーであることを上司に直接相談する
  • きっぱりと断ってみる【一度断るだけでも効果あり】
  • 80%の力で仕事に取り組む
  • 周囲の助けを借りる

いずれかを試してみるだけでも、状況は改善されていくでしょう。

 

しかし、これらの対処法が通用しないケースが一つだけあります。

 

それは、上司がわざとあなたに膨大な仕事を押し付けているという場合です。

 

これはいわゆる「パワハラ」に該当する可能性が非常に高く、相談したり断ったりしても状況は改善されづらいでしょう。

仕事を異常に押し付けられているという方は、パワハラを受けているというケースも少なくないのです。

そこで次の章からは、「パワハラかどうかを見極めるポイント」と「パワハラを受けている場合の対処法」を詳しく解説していきます。

仕事量がおかしいのは「パワハラ」の可能性もある【見極め方と対処法】

上司から明らかに常軌を逸した量の業務を割り振られる状況は、権力や立場を利用した嫌がらせ=パワハラである可能性もあります。

不公平な仕事の割り振りがパワハラかどうかを見極めるポイント

以下のいずれかに当てはまる場合は、パワハラと考えて良いでしょう。

  • 達成不可能な業務を割り振られた上に、「なんでそんなこともできないんだ?」と罵倒される
  • 教育や説明が一切されないまま、対応しきれないレベルの仕事を任される
  • 「できないのは甘え・逃げ」などの精神論で叱責される
  • 同僚や周囲との業務量に、歴然とした差(誰が見てもわかるほどの違い)がある

上記のような環境であからさまに多すぎる仕事量を割り振られている場合、パワハラに該当する場合があると理解しておきましょう。

できるレベルを逸脱している仕事量を与えられている場合、それはパワハラに該当する場合があります。

仕事を押し付けられるパワハラを受けている場合の対処法

パワハラを受けている場合の対処法は以下の通りです。

  • 人事・労務担当者に相談する
    外部の窓口に相談する
    環境を変える

それぞれ詳しく見てみましょう。

人事・労務担当者に相談する

上司からパワハラまがいの扱いを受けていると感じた場合は、まず会社の窓口や人事担当者に相談しましょう。

人事や労務などある程度独立した部署に相談ことで、客観性を保ちながら適切な対応をとってもらうことができます。

この際、日々どれほどの不当な扱いを受けているのかを正しく伝えることを意識してください。

外部の窓口に相談する

「社内での解決が見込めない」「小規模の会社なので相談すると内容が筒抜けになってしまう」場合は、外部の窓口を利用しましょう。
職場のハラスメントを相談できる機関は以下のようなものがあります。

  • 総合労働相談コーナー(各都道府県労働局)
  • 個別労働紛争のあっせんを行っている都道府県労働委員会・都道府県庁
  • 法テラス(日本司法支援センター)
  • みんなの人権110番全国共通人権相談ダイヤル
  • かいけつサポート

特に労働局・労働基準監督署にある総合労働相談コーナーは、無料で働き方の問題に関する相談を行うことが可能です。電話での相談にも対応していますので、気軽に利用できるでしょう。

環境を変える

不公平な毎日を抜け出すなら「環境を変える」のが最善の方法です。

パワハラが常態化しているような職場は、少々のことでは変わりようがないからです。

一時的に改善されることはあるかもしれませんが、やがて時間が経てば元通りになってしまうでしょう。根本的な解決は期待できません。

環境に問題がある場合、自分の力や行動で改善するのには限界があります。

不公平な扱いを受ける毎日から抜け出すためには、転職などを通して環境そのものを変えるのがもっとも堅実と言えるでしょう。

不公平な毎日を抜け出すなら転職を視野に入れておこう

異常な仕事量を押し付けられる毎日を過ごすことには、以下のようなリスクがあります。

  • 残業が増え、体を壊してしまう
  • 労働に見合った給料が得られず、損をし続ける
  • 責任の大きい仕事を押し付けられ、精神的にダメージを負う

心身に影響を及ぼしたり、不当に搾取され続け損をしたりする可能性があると言えるでしょう。

パワハラが常態化している職場で漫然と働き続けるのは非常に危険です。

もしもメンタルに不調をきたすようであれば、あなたのキャリアに傷がつく恐れもあります。

精神的な余裕があるうちに、転職に向けた準備だけでもしておくことを強く推奨します。

2020年4月:コロナウイルス最新情報

コロナウイルスの世界的な感染拡大に伴い、今後の転職市場は冷え込むと予測されています。そのため、一般的にはこれからの転職活動は控えた方が良いでしょう。

 

しかしこれは、今の職場に満足している場合に限ります。

 

今の仕事内容に不満がある方は、なるべく早く転職の用意だけでもしておくべきです。

 

なぜなら、コロナの影響により、転職活動は先延ばしにすればするほど、難しくなっていくからです。

 

コロナウイルスの影響は、これから先、ますます広がっていくと予想されており、なおかつ終息の見通しは立っていません。ハーバード大学の研究では、コロナウイルスの影響が完全になくなるのは2022年頃になると発表されてます。(実際に、1900年代初頭に流行したスペイン風邪は、終息までに3年を要しました。)

 

このことから、コロナウイルスが経済に与える影響も日に日に大きくなっていき、これから数年間の景気は後退していくだろうと想定されます。

 

景気が後退すれば、

  1. 企業は採用活動を控えるようになる
  2. 会社の倒産が相次ぎ、転職市場に求職者(ライバル)が増える

という状況になり、有効求人倍率は大幅に下落します。実際に、有効求人倍率は2020年4月の時点で、もうすでに下がり始めているのです。

 

これはリーマンショック時の経済の動きとよく似ています。(リーマンショック当時は、有効求人倍率の回復まで4年もの歳月がかかりました。)

 

まとめると、早いうちに転職活動に向けて動き出さないと、最低でもあと2~3年は、いまの職場でいまの仕事を続けることになる可能性が高くなるのです。

したがって、もし仮に「あと何年も今の職場で働くなんて、到底考えられない」という方は、なるべく早く行動に移すべきでしょう。

環境を変えるなら、まずは転職エージェントを利用すべき【理由は3つ】

「仕事量がおかしい」という問題は、環境自体に根本的な問題があるケースも考えられることが分かりました。

環境を変えるもっとも最善の方法は転職です。

とはいえ、転職活動をしようにもどうすればよいか分からないという方も多いでしょう。

そこで強くおすすめするのが、転職エージェントの利用です。

転職エージェントとは、転職のプロであるキャリアアドバイザーと二人三脚で、仕事を探すことができるサービスです。

転職エージェントを利用することで、ある程度職歴に不安があっても、スムーズに転職活動を進めることができます。

その理由は以下の3点です。

  1. 転職のプロからのアドバイスを受けられる
  2. 一般的な求人サイトでは見つからない求人情報を得られる
  3. 選考のサポートも受けられる

それぞれを詳しく解説します。

理由1:転職のプロからのアドバイスを受けられる

転職エージェントでは、まずキャリアアドバイザーとの面談を行います。

そこでは、数多くの転職をサポートしてきたいわば転職のプロが、あなたの悩みを聞き、それに合わせて今後の方向性を提案してくれます。

現時点で、転職するつもりがなくてもまったく構いません。実際に転職するかどうかは、エージェントと相談した結果次第で決めれば良いのです。

「仕事量がおかしく、不公平感がある」という方は、そもそも「このような状況はおかしいのではないだろうか」といった相談をしてみることをおすすめします。

プロによる客観的な視点で、「パワハラに該当する可能性が高いので、なるべく早く転職した方が良い」「上司に遠回しに伝えてみて、その反応を見てから転職に踏み切ったほうが良い」など、的確なアドバイスを得られるでしょう。

転職エージェントを使わないと、自分ひとり考えで判断しなければなりません。客観的に物事を捉えられず、間違った判断を下してしまう恐れがあります。

理由2:一般的な求人サイトでは見つからない求人情報を得られる

あなたの希望に合わせて、最適な求人を提案してくれます。

転職エージェントは企業と直接やり取りをしているので、「実際のところ働きやすさはどうなのか」といったところまで知ることができます。

また、この記事の次章で紹介する転職エージェントを利用すれば、非公開求人に応募することができるようになります。

非公開求人:一般的な転職サイトには掲載されていない求人。普通に公開すると応募が殺到するような好条件の求人が多い

つまり、多くの選択肢の中から、自分の希望に合う求人を選ぶことができるのです。

転職エージェントを使わないと、求人探しの段階でかなりの時間を浪費します。膨大な情報を一つずつチェックしていかなければならないのです。それに、いくら時間をかけたからといって、非公開求人や独占求人は、普通の転職サイトでは見つかりません。

理由3:選考のサポートも受けられるから、書類の書き方で困らない

転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書の書き方から、面接の対策までをトータルでサポートしてくれます。

特に「職歴が浅く、書類選考すら通るか不安」という方でも、プロ目線の添削を受けることで、選考通過率を高めることができるでしょう。

PRポイントを伝える職務経歴書を、自力でゼロから書くのは相当大変です。とはいえ、ネットで調べた文面を書き換えるだけでは、面接官に見抜かれる恐れがあります。

ですが、転職エージェントからのアドバイスを反映することで、あなたの経歴や状況にぴったりの、いわばオーダーメイドの選考書類を作ることができるのです。

いわばオーダーメイドの選考書類を作ることができるのです。

【自分に合った仕事・職場を見つけたい方必見】おすすめの転職エージェント3選

「どの転職エージェントに登録すればよいか分からない」という方向けに、おすすめのサービスをいかにまとめました。

転職エージェント おすすめの人
【リクルートエージェント】 大手のサービスを使いたい方
マイナビジョブ20's 20代・初めて転職する方
就職・転職ならDYM就職 職歴に不安がある方・フリーター

リクルートエージェント | 迷ったらこのエージェント!業界最大手&求人数はトップレベル

【リクルートエージェント】は、求人数・内定獲得数No1を誇る、国内最大級の転職エージェントです。

一般公開している求人だけでなく、20万件以上もの非公開求人を取り揃えている点が魅力です。

非公開求人とは:「好条件のため応募が殺到しすぎる」「企業の都合上一般公開できない」ため、普通の求人サイトでは掲載されていない求人です。一人で転職活動をする場合は、絶対に出会えない内容の求人であると言えるでしょう。

大手サービスであるため、求人数にも圧倒的な強みがあり、転職をサポートしてきた実績も豊富なため、「どのサービスを利用すればよいか悩む」という方は、まずこの【リクルートエージェント】に登録しておきましょう。

【コロナウイルスの感染が心配な方でも安心】

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、【リクルートエージェント】では現在、転職相談をすべて電話で対応しています。したがって、自宅にいながら、転職活動を行うことが可能です。※2020年7月時点の最新情報

マイナビジョブ20's | 20代は登録必須!若手に特化した充実サポート

マイナビジョブ20'sは、20代のキャリアチェンジに特化した転職エージェントです。

適性診断から面接のノウハウまで徹底したサポートを受けられるため、スムーズに転職活動を進めていくことができます。

「まだ転職するかどうか決めていない」という方でも、適性診断やキャリアカウンセリングを通して、将来の方向性を考える材料にすることも可能です。

特にまだ転職経験のほとんどない20代の方は、ぜひ登録しておきたいサービスと言えるでしょう。

【コロナウイルスの感染が心配な方でも安心】

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、マイナビジョブ20'sでは現在、転職相談をすべてWEB上での相談(音声のみ)で対応しています。したがって、自宅にいながら、転職活動を行うことが可能です。 ※2020年7月時点の最新情報

DYM就職 | 就職成功率驚異の96%!フリーター・既卒もOK

最短1週間で入社可能!DYM就職は、経歴や学歴に不安がある方へのサポートに定評がある転職エージェントです。

第二新卒・既卒、フリーター向けの求人を保有しており、それらがすべて正社員求人というのも大きな魅力です。

経験豊富なアドバイザーがあなたの希望をヒアリングし、ぴったりの求人を紹介してくれます。

転職成功率96%の実績を誇る転職エージェントであり、特に職歴に不安を抱えている方は、登録必須といえるでしょう。

さいごに

「仕事量が自分だけあまりにもおかしい」と感じる方に向けて、原因と対処法を解説しました。

まずは「上司に伝える」など、今の職場で状況を改善する方向で考えてみてください。

それでも一向に状況がよくならないのであれば、環境を変える方針に切り替えてみましょう。

仕事の悩み
スポンサーリンク
スポンサーリンク
UNGIFTEDをフォローする
スポンサーリンク
転職ギフト