【10の方法】新しい仕事に慣れるまでのきつい期間の乗り越え方

スポンサーリンク
仕事の悩み
スポンサーリンク
  • いつまで経っても仕事に慣れない。ストレスが溜まるばかり
  • 要領が悪く、全然できるようにならない。
  • いつになったら慣れるのだろうか、しんどい
  • 毎日本当に疲れる。向いてないのかな。でも転職したばかりだし、我慢しなければいけないのか…

こういった悩みに答えます。

結論からいうと、仕事の進め方や取り組み方を少し変えるだけで、最短で業務をこなせるようになるのです。

この記事では「仕事に慣れるまでの期間を乗り越える方法」を紹介します。

ちなみにどれもビジネスライターの私が、数多くの有能なビジネスマンとのインタビューから得たノウハウなので、即効性がありますよ。

この記事の内容を実践し、早く仕事に慣れることで、「毎日仕事に行くのがつらい」状態から解放されるでしょう。

スポンサーリンク

仕事に慣れるまでの期間を乗り越える10の方法

仕事に慣れるまでの期間を乗り越える10方法を以下にまとめました。

  1. 信頼できる人をひとりで良いので見つける
  2. 職場の人間関係を見極める
  3. スケジュール管理を徹底する
  4. 憶測で行動しない
  5. 積極的にコミュニケーションを取る
  6. ミスしたタイミングを成長のチャンスと捉え直す
  7. 読書や自主学習で、コツコツ基礎を身につける
  8. 仕事ができる人のマネをする
  9. 成果よりコミュニケーションを意識
  10. 時間が解決すると考え、肩の力を抜く

それぞれを詳しく解説していきます。

1. 信頼できる人をひとりで良いので見つける

新しい職場では、何よりもまず「信頼できる人を見つける」ことが大切です。

ポイントは、愚痴や悩みを素直に言える人を探すことです。

「また上司に怒られてしまって…」と言える人がいれば、気分も楽になるでしょう。

仕事の悩みやストレスを一人で抱え込むのは危険です。日に日に気持ちが沈みます。

職場の全員と仲良くする必要はありません。まずは一人で良いので、信頼できる人を見つけましょう。

2. 職場の人間関係を見極める

職場の人間関係を見極めることで、「このタスクは誰に相談すれば良いのか」をすぐに判断できるようになります。

的確なコミュニケーションが取れるので、仕事をスムーズに進めやすくなるでしょう。

特になるべく早い段階で、部署やチームで強い影響力を持つ人は誰かを把握しておくと、より良い人間関係を築けるようになります。

3. スケジュール管理を徹底する

スケジュール管理を徹底することで、余計なミスをなくせ、慣れない仕事でもスムーズに進めることができるようになります。

スケジュールをしっかりと組めていないと、「自分が何をするべきなのか」を把握することができません。

そのため「やらなければいけないことを忘れていた」という事態になってしまうのです。

特に些細なミスを繰り返してしまう人は、段取りがうまくできていない傾向にあります。

毎朝仕事をはじめる前に、「今日やるべきこと=TODOリスト」を一枚のメモに書き出しましょう。

そして優先順位をつけて、やるべき順に並び替えてみてください。

4. 憶測で行動しない

仕事に慣れないうちは、憶測で行動しないように心がけてください。

  • 「多分大丈夫だろう」
  • 「これでいいはず」

のような考え方は、失敗をまねく原因となります。

特にはじめのうちは、いささか慎重すぎるくらいの姿勢でいることが大切です。

少しでも疑問点があれば、ためらわずに質問してください。

5. 積極的にコミュニケーションを取る

特に新しい職場環境では、周囲の人と積極的にコミュニケーションを取るようにしましょう。

「仕事に慣れないうちの失敗」は、上司や同僚とのコミュニケーション不足が原因であることも少なくありません。

飲み会やイベントがある場合は、なるべく参加することが大切です。

良好な人間関係を築くことができれば、

  • 質問のハードルが下がる
  • 仕事をサポートしてくれる

など様々なメリットがあります。面倒くさいかもしれませんが、イベントごとにはぜひ顔を出してみてください。

6. ミスしたタイミングを成長のチャンスと捉え直す

仕事に慣れるまでの期間にしてしまうミスは、失敗ではなく、成長のチャンスと捉えるべきでしょう。

なぜなら、入社して日が浅いうちであれば、多少のミスは多めに見てもらえるからです。

すなわち、入社直後はミスしても厳しく叱責されず、かつ初歩的なことでも周囲に遠慮なく質問することができる、いわばボーナスタイムと言えます。

この期間は、ミスを恐れず、積極的に業務に取り組みましょう。もし仮にミスをしても、それを成長のチャンスにすればよいのです。

7. 読書や自主学習で、コツコツ基礎を身につける

初歩的なミスをしてしまうのは、仕事に慣れてないだけでなく、基礎が身についていないケースも考えられます。

基礎が身につけば、

  • 一度教わるだけで、すんなりコツを掴めるようになる
  • 基礎を土台に、自分の頭で考えて行動できるようになる

のように、スムーズに仕事がこなせるようになります。

就業前・後の20~30分で構いませんので、読書や業務で教わったことの復習など、自主的な学習を行う習慣を身につけると良いでしょう。

8. 仕事ができる人のマネをする

職場で一番優秀な人を見つけて、日々の仕事のやり方を観察してみてください。

優秀な人は、生まれつき仕事がテキパキできるわけではありません。

スケジュール管理やパソコンスキル、資料の作り方など、様々な面で工夫をしているはずです。

そしてそれを徹底的に分析し、マネをすることで、自分の仕事に応用することができます。

例えば仕事ができる人が使っているアプリやソフトウェア、ツールを聞いてみて、実際に使ってみるのも良いですね。

他にも、

  • 資料作りの無駄を省くために、汎用的なことはテンプレ化している
  • 顧客のデータをすぐ参照できるように、エクセルの関数を駆使している

などのノウハウを見つけ出すこともできるでしょう。

これらを一つずつ自分のものにしていけば、やがてあなたも優秀な人と同じようなスキルを身につけることができるはずです。

9. 成果よりコミュニケーションを意識

入社後は、成果を上げようと先を急ぐより、周囲とのコミュニケーションを重視した方が、円滑に仕事が進むようになります。

周囲との良好な関係を築くことには、

  • 困ったときにサポートしてもらいやすくなる
  • 前向きな気持ちで出社できる

といった利点があります。

すぐに結果を出そうとするよりも、まずは周囲の人とのコミュニケーションを丁寧に取るほうが、長期的にみてより優れた成果につながるでしょう。

10. 時間が解決すると考え、肩の力を抜く

入社直後のミスは、早く仕事に慣れなければ、という焦りから生まれるものがほとんどです。

本来は落ち着いてやれば上手くいくはずのことなのに、焦って失敗してしまっては元も子もありません。

そこで入社直後は、「いずれ時間が解決する」と敢えて肩の力を抜き、リラックスして仕事を行うように心がけてください。

余計な力を抜いて、自然体で仕事をすれば、きつい・しんどいという気持ちもなくなり、前向きな気分で職場へ向かえるようになるでしょう。

仕事に慣れるまでの期間にぶつかる2つの壁

そもそも、「仕事に慣れない」という悩みは、大きく2種類に分類されます。

  1. 職場の人間関係に慣れない
  2. 業務内容に慣れない

あなたの現状がどちらに当てはまっているのかを把握しましょう。

職場の人間関係に慣れない

周囲の人間関係に慣れないうちは余計なストレスを抱えてしまうことも、少なくありません。

一方で、同僚・上司との関わりに慣れ、気軽に相談やフォローの依頼ができるような関係性ができれば、どんな仕事でもスムーズこなしていくことができるでしょう。

仕事がうまく進むかどうかは、個人の能力だけでなく、周囲との関係も大きく影響するということも、理解しておきましょう。

業務内容に慣れない

まだ業務内容に慣れていない場合、他の社員と同じように仕事をしていくというのは、到底無理な話です。

ルーティンワークのような業務でさえ、時間がかかってしまうでしょう。

とはいえ、新しい仕事に慣れるには、誰でも相応の時間がかかります。

「自分は仕事ができない人間なのかも」「普通の人ならできることなのに自分はできない」と思い悩む必要は一切ありません。

焦る気持ちはあるかもしれませんが、働きはじめのうちは「ミスして当たり前」くらいの気持ちを持っても大丈夫です。

会社・仕事があなたに合っていない可能性もある【判断の目安は3ヶ月】

仕事に慣れないという悩みの大半は、時間の経過と共に解決していくものです。

しかしながら、いまの会社や仕事内容があなたに合っていない場合も充分にあり得ます。

仕事に慣れるまでに必要な期間は、3ヶ月が目安であると言われています。

つまり、「3ヶ月経ってもまだ仕事に慣れない」という方は、そもそもいまの会社や仕事内容が自分に合っていないと考え、転職も視野に入れるべきでしょう。

「転職したばかりだから、慣れるまで我慢しなければ・・・」と思い込まないように

転職したばかりで日が浅いと、「まだ転職したばかりだから我慢しなければならない」と考えてしまうものです。

しかし、そもそも職場環境に問題がある場合、いくら我慢したところで、スムーズに仕事をこなせるようにはならないでしょう。

つまり、現状の「新しい仕事に慣れない」という問題は、

  • 自分の努力次第で改善できるのか
  • それとも環境に問題があるため、自分の力ではどうしようもないのか

を考えなければなりません。

とはいえ、入社してそれほど経っていない段階で判断するのは難しいでしょう。

そこで次の章では、転職を検討すべき3つのケースを紹介します。自分が当てはまるかどうか、確認してみてください。

転職を検討すべき3つのケース

以下のケースに当てはまる方は、一度転職を検討することを強く推奨します。

  1. 業務内容に違和感を覚える
  2. 職場の人間関係が明らかに悪い
  3. 教育体制に問題がある

それぞれ詳しく解説します。

業務内容に違和感を覚える

3ヶ月経過しても、業務内容に漠然と違和感がある場合は、そもそも今の会社の仕事が合っていない可能性があります。

「なんか違う気がする」という漠然とした違和感・直感は、意外と本質を突いているものです。

当初のイメージと異なる業務を任されている場合などは、仮にある程度仕事に慣れたとしても、ストレスを抱えながら働き続けることになります。

漠然とした違和感がある方は、「これから先数年、もしくは数十年、この仕事をやっていけるだろうか」と、一度自分に問い直してみることをおすすめします。

職場の人間関係が明らかに悪い

職場の人間関係が明らかに悪いならば、早急に環境を変えることを検討することをおすすめします。

  1. 上司がパワハラ気質である
  2. 派閥争いなど無駄ないざこざがある
  3. 人間関係が殺伐としている

このような状況が慢性化している場合、環境の改善は期待できないでしょう。

仕事をうまくこなせるかどうかはあなた次第ですが、周囲の人間をあなたの努力で変えることは不可能です。

環境自体を変えてみるしか方法はありません。

教育体制に問題がある

上司や先輩の指導方法が適切でないなど、教育体制に問題があるケースも想定されます。

新人に業務をきちんと教えることを放棄しているにも関わらず、問題が起きたときだけ厳しく叱責するという上司も少なくありません。

仕事に慣れないという悩みの大半は時間が解決しますが、上司や職場の環境に問題がある場合、いつまで経ってもその悩みは解決しないでしょう。

この場合、いまの職場で長く働き続けるより、なるべく早いうちに転職することを考えてみる方が良いかもしれません。

2020年8月:コロナウイルス最新情報

コロナウイルスの世界的な感染拡大に伴い、今後の転職市場は冷え込むと予測されています。そのため、一般的にはこれからの転職活動は控えた方が良いでしょう。

 

しかしこれは、今の職場に満足している場合に限ります。

 

今の仕事内容に不満がある方は、なるべく早く転職の用意だけでもしておくべきです。

 

なぜなら、転職市場の状況を考慮すると、転職活動は先延ばしにすればするほど、難しくなっていくのは確実だからです

 

コロナウイルスの影響は、これから先、ますます広がっていくと予想されており、なおかつ終息の見通しは立っていません。ハーバード大学の研究では、コロナウイルスの影響が完全になくなるのは2022年頃になると発表されてます。(実際に、1900年代初頭に流行したスペイン風邪は、終息までに3年を要しました。)

 

コロナウイルスは、健康面以外に、経済に莫大な影響を与えています。これから数十年間の景気は、著しく後退していくだろうと想定されます。

 

景気が後退すれば、

  1. 企業は採用活動を控えるようになる
  2. 会社の倒産が相次ぎ、転職市場に求職者(ライバル)が増える

という状況になり、有効求人倍率は大幅に下落します。実際に、有効求人倍率はこのたった半年程度で、1.1倍にまで下落しました。有効求人倍率が1倍を下回る(求職者1人につき、求人が1つないという状況)日も、そう遠くないでしょう。

 

これはリーマンショック時の経済の動きとよく似ています。リーマンショック当時は、有効求人倍率が0.4倍まで落ち込み、1倍を超えるまで4年もの歳月がかかりました。

 

まとめると、早いうちに転職活動に向けて動き出さないと、「最低でもあと4年以上は、いまの職場でいまの仕事を続けることになる」可能性が高いのです。

したがって、もし仮に「あと何年も今の職場で働くなんて、到底考えられない」という方は、なるべく早く行動に移すべきでしょう。

自分に合った仕事・職場をいち早く探すなら、転職エージェントを利用すべき【理由は3つ】

「仕事になかなか慣れない」という問題は、そもそも仕事内容や職場自体があなたに合っていないケースもあることが分かりました。

とはいえ、転職活動をしようにもどうすればよいか分からないという方も多いでしょう。特に早期退職となってしまう場合、「職歴が浅いと面接に不利になるかも」と不安を抱えることもありますよね。

そこで強くおすすめするのが、転職エージェントの利用です。

転職エージェントとは、転職のプロであるキャリアアドバイザーと二人三脚で、仕事を探すことができるサービスです。

転職エージェントを利用することで、ある程度職歴に不安があっても、スムーズに転職活動を進めることができます。

その理由は以下の3点です。

  1. 転職のプロからのアドバイスを受けられる
  2. 一般的な求人サイトでは見つからない求人情報を得られる
  3. 選考のサポートも受けられる

それぞれを詳しく解説します。

理由1:転職のプロからのアドバイスを受けられる

転職エージェントでは、まずキャリアアドバイザーとの面談を行います。

そこでは、数多くの転職をサポートしてきたいわば転職のプロが、あなたの悩みを聞き、それに合わせて今後の方向性を提案してくれます。

現時点で、転職するつもりがなくてもまったく構いません。実際に転職するかどうかは、エージェントと相談した結果次第で決めれば良いのです。

「仕事になかなか慣れない・・・」という方は、そもそも「職場に問題があるケースなのか」といった相談をしてみることをおすすめします。

プロによる客観的な視点で、「それは職場に問題があるので、早く転職した方が良いかもしれません」「まだ判断するのは早いですよ」など、的確なアドバイスを得られるでしょう。

転職エージェントを使わないと、自分ひとり考えで判断しなければなりません。客観的に物事を捉えられず、間違った判断を下してしまう恐れがあります。

理由2:一般的な求人サイトでは見つからない求人情報を得られる

あなたの希望に合わせて、最適な求人を提案してくれます。

転職エージェントは企業と直接やり取りをしているので、「実際のところ働きやすさはどうなのか」といったところまで知ることができます。

またこの記事の次章で紹介する転職エージェントを利用すれば、非公開求人に応募することができるようになります。

非公開求人:一般的な転職サイトには掲載されていない求人。普通に公開すると応募が殺到するような好条件の求人が多い

つまり、多くの選択肢の中から、自分の希望に合う求人を選ぶことができるのです。

転職エージェントを使わないと、求人探しの段階でかなりの時間を浪費します。膨大な情報を一つずつチェックしていかなければならないのです。それに、いくら時間をかけたからといって、非公開求人や独占求人は、普通の転職サイトでは見つかりません。

理由3:選考のサポートも受けられるから、書類の書き方で困らない

転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書の書き方から、面接の対策までをトータルでサポートしてくれます。

特に「職歴が浅く、書類選考すら通るか不安」という方でも、プロ目線の添削を受けることで、選考通過率を高めることができるでしょう。

PRポイントを伝える職務経歴書を、自力でゼロから書くのは相当大変です。とはいえ、ネットで調べた文面を書き換えるだけでは、面接官に見抜かれる恐れがあります。

ですが、転職エージェントからのアドバイスを反映することで、あなたの経歴や状況にぴったりの、いわばオーダーメイドの選考書類を作ることができるのです。

【自分に合った仕事・職場を見つけたい方必見】おすすめの転職エージェント3選

「どの転職エージェントに登録すればよいか分からない」という方向けに、おすすめのサービスをいかにまとめました。

転職エージェント おすすめの人
リクルートエージェント 大手のサービスを使いたい方
キャリアスタート 月給25万円以下、金銭・キャリア面で将来に不安を抱えている方
DYM就職 正社員の就職・転職を希望するフリーターの方

リクルートエージェント | 迷ったらこのエージェント!業界最大手&求人数はトップレベル

【リクルートエージェント】は、求人数・内定獲得数No1を誇る、国内最大級の転職エージェントです。

一般公開している求人だけでなく、20万件以上もの非公開求人を取り揃えている点が魅力です。

非公開求人とは:「好条件のため応募が殺到しすぎる」「企業の都合上一般公開できない」ため、普通の求人サイトでは掲載されていない求人です。一人で転職活動をする場合は、絶対に出会えない内容の求人であると言えるでしょう。

大手サービスであるため、求人数にも圧倒的な強みがあり、転職をサポートしてきた実績も豊富なため、「どのサービスを利用すればよいか悩む」という方は、まずこの【リクルートエージェント】に登録しておきましょう。

登録はこちらをタップ↓

【コロナウイルスの感染が心配な方でも安心】

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、【リクルートエージェント】では現在、転職相談をすべて電話で対応しています。したがって、自宅にいながら、転職活動を行うことが可能です。※2020年7月時点の最新情報

キャリアスタート | 若手の転職に特化したキャリア支援サービス

キャリアスタートは若手のキャリアチェンジ支援に強みのある転職エージェントです。

月給25万円以下の若年層へ特化したサービス内容となっています。

収入面で将来の不安を抱いている方はぜひ一度相談してみることをおすすめします。

キャリアスタートの最大の特徴は、マッチング精度の高さにあります。キャリアスタートを通して入社した方の、定着率は92%以上を誇ります。

これは若者向けの転職支援を行ってきた同社の実績・ノウハウによるものです。

求職者のスキルや特性を見極めることに集中して、丁寧な面談をすることで、 求職者と企業の双方の希望がマッチした求人を案内することができます。

また、キャリアスタートは新型コロナウイルスによって、就業が困難になった・失業した方向けに「就職活動にあたり、必要となる費用を当社で全額負担する」というサービスも開始しています。

登録はこちらをタップ↓

DYM就職 | 就職成功率驚異の96%!フリーター・既卒もOK

最短1週間で入社可能!DYM就職は、経歴や学歴に不安がある方へのサポートに定評がある転職エージェントです。

第二新卒・既卒、フリーター向けの求人を保有しており、それらがすべて正社員求人というのも大きな魅力です。

経験豊富なアドバイザーがあなたの希望をヒアリングし、ぴったりの求人を紹介してくれます。

転職成功率96%の実績を誇る転職エージェントであり、特に職歴に不安を抱えている方は、登録必須といえるでしょう。

登録はこちらをタップ↓


人気記事【10の方法】新しい仕事に慣れるまでのきつい期間の乗り越え方

人気記事【コロナの影響も】いずれ潰れる会社の特徴まとめ【雰囲気・社員・社長の共通点】

最新記事「仕事量の配分・分担がおかしい」原因と対処法を徹底解説【パワハラの可能性も】

仕事の悩み
スポンサーリンク
スポンサーリンク
UNGIFTEDをフォローする
スポンサーリンク
転職ギフト

コメント